本物の悠々自適はネットワークビジネス成功から

アクセスカウンタ

zoom RSS サン太からの電話

<<   作成日時 : 2009/12/16 07:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

田舎でロハスな暮らしをしている甥っ子のサン太が電話をくれた。

「いま、ネット・ビジネスやっとうねん。」

「のんびり、田舎生活を楽しんでんじゃなかったのかい?」

「ウチにおったまま、好きな時間にできるやろ。なにもせんとボケーっとしとると世間から、置いてけぼりにされてまう気がするんや。」

「ほんまな。で、どんなネット・ビジネスやってんだい。」

「ネットワークビジネスゆうねん。アメリカじゃ、マルチ・レベル・マーケテイング、りゃくしてMLMて呼ばれてる。」

「マルチ?昔はやった、あのマルチ商法とかマルチまがいってヤツか?あぶない、アブナイ!やめとけ、ヤメトケ!」

「すぐ、それや!かなわんわ。みんな同じ反応するね。なんでやろ?オジサンならだいじょうぶかおもてデンワしたんやけどな。」

「そりゃ、マルチでさんざんダマされたのがオレタチの世代だからね。ダマされんのがオチだから、損しないうちにやめといた方がいいよ。親ごころから言うんだけどね。」

「そんなにムカシはやったん?いつごろのこと?」

「ボクがはじめて海外旅行した年だから、1974年、いまから35年前だな。友達が、アメリカから入ってきたビジネスで、これからはみんながやる。世界が変わるんだ。オマエもやれって勧めたの覚えてるよ。」

「そのころはマルチて呼んでたん?」

「そうだよ。日本に上陸するなり爆発的にはやって、ネコもしゃくしも、みんなマルチ、マルチ、これからはマルチだって。ボクのまわりにも4・5人いたな。ところが1年も経たないうちにみんな辞めはじめた。ダマされたってわかったんだな。そいつらがやってたのは、巧妙に仕組まれた悪徳商法だったんだ。」

「なんぼほど損したん?」

「気がついたときはもう遅く、数万円数十万円の単位だね。なかには百万の規模でダマされたヤツがいた。自分がダマされただけじゃなく、人を自分がダマしたってわかったから、よけい悲劇だったんだ。被害者だけじゃなく、加害者でもあったんだからね。」

「ほいで、結果どうなったん?」

「消費者センターなんかに苦情が殺到した。被害者の数が百万人を超えてしまった。政府もほっとけなくて取り締まりに乗り出した。みんな、言葉たくみに人を誘って、お金を騙し取る手口。巧妙な詐欺だったんだな。」

「ねずみ講ってやつ?」

「ねずみ講は商品がなにもなくて社会奉仕だとか、一見高尚な理想を掲げてお金を貢がせる。単純に奉納金とかお布施の集金システムだよ。上位の人間だけが儲けて、下の人は無限に貢ぐだけ。法律で禁止されている。入会して勧誘するだけで有罪だよ。」

「ねずみ講って法律用語では無限連鎖販売っていうんやね。これも誤解を生む呼び方やね。なんでかてMLMは日本では連鎖販売って法律で定義されてる。マルチだけでも誤解を生んでるのに、連鎖販売やからね。」

「サン太がやってるのは自分で商品を購入して人にもいいですよ、お買いなさい、会員になるとボーナスが貰えますよって勧めるやつ?」

「そやけど、消費者にとってもトク。製造業者にとってもトクなシステムなんや。」

「宣伝・広告費を製造業者が払うかわりに消費者が払うんだろ。」

「ほやかて卸値で買えるし、ボーナスで戻ってくるからね。」

「普通なら小売価格のなかに流通に掛かるコストや中間マージンや宣伝・広告費が入ってる。お客さんは買うだけでヒトに勧めたりはしない。」

「そんなん、ほんとにいいもんやったら、これ買ったけどすごくええよ〜いうてヒトにもすすめたくなるやろ。」

「口コミってやつだね。たしかに商品を広めてゆく原点でもある。でも、友達に勧めるのだけはヤメというたほうがいい。なぜって友情ってのはお互いが無償の親愛感で結ばれてるから、そこに金銭関係が入りこむと、たちまち壊れてしまう脆くて傷つきやすいもんなんだ。友情はお金では買えないし、お金よりも大事な友情を失わないようにしたほうがいいよ。」

「ボクもそこは気イつけてる。友達やなくて、インターネットでまだ顔も知らない人に向けてやるんや。マルチという言葉は誤解されてるから、インターネットを使うビジネスなので、ネットワークビジネスて呼んでいる。このほうが、未来に向かって開けていて明るいしね。」

「反対に、ニックネームやハンドルネームばっかりのインターネットで見ず知らずの匿名の人が薦めてるビジネスは警戒されるんじゃないの?」

「そこは、やりようやねん。ボクは本名と顔写真、出してるもん。」

「そうか。オジさんは生産者直売とか、製造業者と消費者を直結する販売方法とかの発想は優れてるし賛成だよ。ネットワークビジネス全部が悪いとは思わない。中には良心的なのがあると思ってるよ。だいじなのは扱う商品の品質が類似品と比べて格段に優れてるってことだと思う。ケン坊は、ちゃんと選んだのかい?」

「そりゃ、半年かけて、バッチリ調べた結果これを選んだんやから、間違いない。業界で一番の老舗なんや。」

「ふうん。で、ボクにも勧めるわけ?」

「今日のところは、いろいろ訊きたかっただけ。おいおい話していくうち、オジさんもきっとやりたくなるよ。」

サン太のデンワはこれで終わった。デンワの後、サン太が始めたビジネスはもしかしたら本物で良心的な人たちがやってるものかも知れないと思い、ケン坊に頼んで広告の一部を送って貰った。

それを見て、そこにある、無料メール・セミナーを受講することにした。

私と同じように興味のある方はこちらをクリックして広告をご覧ください。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サン太からの電話 本物の悠々自適はネットワークビジネス成功から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる